スペイン語検定3級と4級の結果が来た!

お盆明けに家に緑色の封筒が届いていた
差出人はCasa de Espanaとなっている
スペイン語検定の結果が来たんだな
column02_02

4級は筆記試験のみだったけど、正直3級より自信がなかった
っていうのは前回ブログで書いた通り文法問題で大失態をやらかしたから↓
スペイン語検定3級と4級に挑戦!

まあでも大きめの封筒で来るってことはきっと合格証明書が一緒に来たってことにちがいない
不合格通知だったら紙一枚でいいもんね
って自分で勝手に解釈しててやっぱり4級は見事合格してました☆

今回3級、4級をダブル受験して自分の中で5パターンの結果を想定していました

パターン1 3級、4級どちらも合格
パターン2 3級2次試験で不合格 4級合格
パターン3 3級1次試験で不合格 4級合格
パターン4 3級2次試験で不合格 4級不合格
パターン5 3級1次試験で不合格 4級不合格

試験を受けた直後はパターン5もありえました!そんな手応えでした
しかし3級の一次試験を突破したことによりとりあえず最悪のパターンは免れた
そして無事4級合格したことにより一気にパターン2以上が保証された!

でもさすがに3級2次試験は無理だろうな~と思っていた頃
なんと再び家に緑色の封筒が!
これは!?
なんと3級も合格してました
パターン1に昇格です!
今年一番の喜びでした!

封筒の中には合格証明書と実務翻訳士研修の案内の紙が入っておりました
なにやらスペイン語3級以上取得者には研修を受ければ実務翻訳士なる称号が与えられるらしい
研修会場は東京で土日の2日間にわたってみっちりおこなわれるようだ
受講料が¥54000だって!高けぇ
でも受講するだけで資格がもらえるなら参加してみようか?実家に帰るついでに
この実務翻訳士とは何なんだ?ネットで検索してもあまり出てこない
日本スペイン協会に電話しても繋がらない!

翌日早速会社に資格取得の報告をした
スペイン語3級と英検3級と同じにとらえられては困るので、念のため英検で言ったら準1級くらいに相当するんだよと説明を添えた↓

試験基準

3級(上級)
新聞などが理解でき、一般ガイドに不自由しない

4級(中級)
簡単な日常会話ができ、文法を一通り終了

合格率

3級:15%程
4級:70%程

次回の昇給に影響したらいいな
というか早く富山から出して欲しい!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です