大学サッカーの試合で15-0で負けた時の話

大学時代はサッカー部でした。
サークルじゃなくて部活です。真剣です。
とは言えすごい強豪チームという訳じゃなく、我々は関西学生リーグの3部リーグ中堅位置くらいでした。
alljapan_rogo

あれはいつだったか、ある年の春リーグでびわこ成蹊スポーツ大学と同じリーグになりました。

びわこ成蹊スポーツ大学とはこの年に新しく新設された体育系専門の単科大学でした。

大会の選手表をみてみると相手チームの選手の前所属がえぐい!
ガンバ大阪ユース、セレッソ大阪ユース、滝川第二高校、草津東高校。。。。

中にはヴィッセル神戸とか書いてある奴もいました。元プロじゃん!

はい、勝てない!誰もが試合前に思ってました。

びわこ成蹊スポーツ大学は新設時でチームは既に関西トップクラスだったのですが、今季からの新参入なので3部リーグからのスタートだったのです。

アウェイでした。電車にバスを乗り継ぎ本拠地の滋賀県まで出向いたのを覚えています。綺麗に整備された天然芝のサッカー場が羨ましかった。キャンパス内のコンビニにレガースやプロテインが販売されていたのには笑いました。

実力差にも程がある!
確か前半30分くらいで5点くらい決められてたと思います。
僕は右サイドバックとして出場していましたが、前半15分で交代という謎の采配を受けました。その後試合が終わるのを待たず、ふてくされて独りで帰った記憶があります笑

結局試合終了時には15-0
サッカーでみたことないスコアです。コールド負けだろ?

今となっては笑い話ですが、当時はGKがマジ泣きする程インパクトのある試合でした。
ちなみにでびわこ成蹊スポーツ大学はその後確かストレートに1部まで昇格していったはず


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク