ブラジルにいた時大っ嫌いだった後輩社員

ポルトガル語というのは英語と比べるとまだまだマイナー言語です。

日本でポルトガル語を学べる大学は確か7つくらいしかありません。

残念ながら私はその内の一つであるJ大学ポルトガル語学科にあまり良いイメージを持っておりません。
スリムワークウエア-エレガント女性パンツ-ジャケット-ol-ファッション女性の正式な-ブレザー-セット-プラス-サイズ-オフィス-ビジネス-スーツ-パンツ女性
※ 画像はイメージです

前の会社でブラジルで一緒に働いていたのがJ大学ポルトガル語学科出身のAちゃんでした。

私はこのAちゃんが心底嫌いでした!

某大手企業から転職してきたAちゃんは学生時代はブラジルに留学、前職でもブラジル赴任経験があり、英語もペラペラで超大物ルーキー扱いでした。

歓迎会の席で

morango(イチゴ)って日本語でなんて言うんでしたっけ?あはは

とか言っていました。

でたっ!!!!

しかし本心で言っているであればこいつはよっぽどポルトガル語慣れしてるんだなと思いましたが

いざブラジルで一緒に仕事をしていると、彼女のポルトガル語は全くと言っていい程使えない

隣で電話で喋っているのをきけば文法が全くデタラメだし

Aちゃんが電話を終えた後に事務所に電話がかかってきて

さっきそこにいる日本人の女性から電話があったのだが何を言っているのかさっぱりわからなかった。誰かもう一度説明してくれないか?

と言って私らが尻拭いする場面がちょくちょくあった。

Aちゃんはとにかくひけらかす子で

ブラジル滞在時に日本人同士でみんで食事している時だってあえてポルトガル語で会話したりする子でした。

ブラジルに来たばっかでまだポルトガル語がわからない駐在員とかからすれば、わぁーすごいってなるものです。

ちなみにこの子は要領がよく仕事だけはできた子でした。

しかし自分の点数を上げるために、時には他を踏み台にする事さえ厭わないこの子の行動や性格が私は大っ嫌いだったのです!

当然仕事での評価も私よりはるかに上でしたが、ブラジルでCELP-BRASを一緒に受験した時に

私は上級、Aちゃんは不合格であった時のメシウマ感は今でも忘れません!

ある日私はAちゃんにどうしてそんなにブラジルが好きなのか?ときいたことがあります。

Aちゃんはブラジルの文化や雰囲気が好きなのだと言っていました。

へぇーそれならブラジルの音楽とか何きくの?今までどこ旅行したことあるの?

音楽とか全く知らないんです。ブラジルはサンパウロとポルトアレグリしか行った事ないんです。てへっ

いやーこいつマジ一番嫌いなタイプだわー

AちゃんはFACEBOOKのプロフィール写真に定期的に自分の決め顔を載せております。

私のFACEBOOKはAちゃんだけには非公開にしている。

彼女はのちにMBAを取得して会社を退職

現在は外資系の人材紹介会社で働いているはず。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です