ブラジルでキングカズに会った時の話

キング・カズは私にとって永遠のアイドルであります
サッカー選手として、一人の男としてリスペクトしております
一日でも長くサッカー選手であって欲しいと願っていますが、もしも引退試合をやるものならば有休をとってでも駆けつけるつもりです
そんな憧れのキング・カズに私は一度だけブラジルでお会いできたことがあります
kazu_getty1

キング・カズはなんとも羨ましいことにブラジルの永住権を所持しており
権利が失効しないよう2年に一度、永住権更新の為ブラジルを訪れているのです
この永住権の更新作業というのは手続き自体は簡単に済むらしいんですが、必ず本人が役所に出向かないといけないらしいんですね
なので今でも必死に2年に一度往復30万円使って、永住権の更新の為だけに渡伯する元駐在員の方などがたくさんいらっしゃいます
言うなれば年間維持費が15万円かかる特権です
それほど私を含めブラジル好きな人にとって誰でも憧れる魅力的な権利なんですね
なんせ持っていればブラジルへ行く為の煩わしいビザの取得をしなくてもいいし、滞在期間も気にしなくて済むのですから
昔はキングのように、ブラジルで何年間かサッカーやったり仕事をしていれば簡単にとれたようです
不法滞在している外国人に対しブラジル政府が恩赦措置で永住権を与えるなんてこともありました
しかし現在では非常に取得するのが難しくなってます
元駐在員でブラジル滞在時に永住権を取得した人でも、会社を退職すれば自動的に永住権も消滅するようなひも付きのシステムに変わったりしています
ブラジルの永住権を取得する為の最も近道はブラジル人と結婚することです
それかブラジルで子供をつくること
ブラジルはアメリカなんかと同じで”生地主義”という考え方を持っており、外国人であってもその地で生まれた者に国籍を与えるのです
申請すればその土地で生まれた子供の親まで国籍がとれるはずです
今中国人がアメリカ国籍が欲しい人を集めて、あえてアメリカで出産させるツアーを敢行しているなんてことが問題になってますよね
一方日本は”血統主義”という血筋を重んじる考えである為、二重国籍を認めていません
その他ブラジルの永住権取得方法としてブラジルという国に5万ドルだかを投資すれば永住権がとれるとかいう技もあったはず

話はだいぶそれましたが私は当時ブラジルに勤務しており、運よく永住権更新の為ブラジルを訪れていた三浦知良選手に会うことができたのです

ある日会社にブラジルにある日系企業のイベントの招待状が届きました
予め三浦知良選手がゲストで来るということが告知されていたので、私は是が非でも自分を行かせて欲しいと懇願し
見事上司と同伴で会社の経費を使いイベントに参加することができたのです

イベントはサンパウロ市内にあるホテルで行われました
出席者は100人くらいだったでしょうか?
会場に到着するとセレモニーの前にロビーには既にたくさんの人だかりができていました
キングは既に多くの日本人に囲まれており、ひたすら写真を撮られまくっていました
多分終始2時間はひたすらフラッシュを浴びていたんじゃないかな。正直メチャしんどそうでした
しかしせっかく来たからには私も一緒に写真が撮りたい!と思い隙をみてキングに接近

カズさん、一緒に写真撮らせてもらってもいいですか?

キングは無言で笑顔で頷いてくれました
同行していた上司に撮ってもらった写真は私の宝物として大切に保存してあります
写真を撮り終えた後にキングに一言話かけてみました

いつも応援しています。横浜FCにいる〇〇くんからいつもカズさんの話きいています

と実際に横浜FCで働いている友人の名をダシにしてみましたが食いついてもらえず
やっぱりキングは笑顔で無言でした笑

セレモニーが開始すると始めにゲスト三浦知良選手のスピーチがありました
そこでキングはあのマイクを頭にぶつけるお約束ネタをやってくれました!
そしてキングはスピーチが終わるとイベント序盤にさっさと帰りました
司会の人が

Kazu vai embora,porque ele tem muito compromisso”
(カズ選手はたくさん約束があるので帰ります)

と説明していたのをきいて私は爆笑

カズはやはり最高にダンディーでかっこよかったです
いつかまたどこかでお目にかかりたいものです


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です