ブラジルで強盗に襲われた時の話

ブラジルに住んでいる時に不覚にも一度だけ強盗に襲われたことあります
サンパウロ市内で日曜日の白昼堂々でした
det

ある程度ブラジル歴を積んだ人の中で強盗に遭った事がないという人を見つける方が難しいかもしれません
自分の家族や近所の人が襲われた!そんな話は周りから腐るほど聞きます
これは大げさではない事実です
私が勤めていた会社の社長はブラジルに50年以上住んでいて4回襲われたと言っていました
そんな社会で生活しているのだから、普段から特に用心してて自分だけは大丈夫と調子こいていました

ある日曜日にリベルダージまで買い物に出かけた帰り道でした
サンジョアキン駅から出てすぐのAv Vinte e três de maioの橋の上だったと思います
前方から汚い男二人が歩いてきました 明らかにファベーラ(スラム)の奴です
すれ違い様に汚男が私にちょっと襲うそぶりを見せてきたんです
私はこれにビクついてしまいました
すると汚男が
”ビビることはねえよジャポネーズ、ほら俺の手にタッチしな安心しろよ”
とハイタッチを要求してきたのです
私はこれに対して
”ふざけんな、もし襲いたいんだったら今この場でやってみろよクソ野郎!”
と言って無視して去りました

しかし最初に襲うそぶりを見せたのは実は強盗が観光者等によく使う手口で、カモがどんな反応をするかを試していたんですね
ベロオリゾンチに住んでいた時も確かこんなことありましたよ
ハイタッチを求めたのは多分その人がどんな時計をしているのかを見る為

結局その場はなんともなかったのですが、10分くらい経ってなんと二人は私をつけてきました!
一人は後ろから、もう一人は先回りして前から
途中からその事には気付いていたのですが、だるいな~と思い近くのアパートの玄関に避難して奴らが通り過ぎてくれるのを待ちました

やっぱり通り過ぎることはなく、私は二人に挟み撃ちされて
”気に食わねえなジャポネーズ、1レアルをよこせ!そしたら消えてやる”
と言われました

場所はAv. Brigadeiro Luís Antônioです
日曜日の昼間で目の前には車もビュンビュン通ってるとこだったので、まさかここでやられることはないだろうと思って
頑なに金はない!と拒否しておりました
それでも奴らはさらに距離を縮めてきて、ついには私の体を触ってくるではないですか!?
いい加減殴ろうかと思いました。相手は二人とは言え、ポッキーみたいな脚をした栄養失調みたいな奴に負ける気はしません
しかし奴の顔をよくみると、完全に目がイっちゃってました 薬中のアレです
これは抵抗したら何するかわからんパターンだな~と思い瞬時に頭の中で大切なものランキングを整理したのです

 1位 命
 2位 金
 3位 ケイタイ電話(会社の)

1位以下は諦めようと仕方なく無抵抗モードに切り替えました
結局腕時計と財布に入っていた金とキーケースを取られた。。。。
盗るもんだけ盗ると奴らはダッシュでその場を走り去りました
被害総額はパリで買った約6000円の腕時計、現金200レアル程と、ユナイデットアローズのキーケースです

っていうか隣に黒人のおばさんいたんだけど、ボー然としている私を
”なんてことなの!大丈夫?ケガはない”
と言い抱きしめてくれました。いや、助けてよ
おばさんは体格差では明らかに奴らよりも上回っていました

私は早速近くにいたポリスメンを呼んで
”たった今強盗に遭ったッス。犯人はスラムのやつで向こうの方に走って逃げました。年齢はわからん、髪型はヤキソバみたい、身長これくらいで肌の色はこんなんです。絶対薬やってます”
と被害を訴えました
ポリスメンはサイレンを鳴らしてすぐにバイクで出動しましたが、20分後くらいに携帯に電話がかかってきて
”残念ながら奴らを見つけることはできなかった。しかし今後もし何か進展があったらまた連絡する”
と言われました
捕まる希は薄です

それにしても一文無しになって家に帰れなくなったので困りました
タクシーを捕まえて
”僕の家こっから車で30分くらいなんだけど、今強盗に遭っちゃって一文無しなんだー。家に着いたらお金持ってきて払うから乗せてくれる?”
と説明しましたが不審がられて2台くらい乗車拒否されました

この出来事は結構自分の中でもショックでした
ある程度ブラジル慣れしている自分は大丈夫だという過信があったからです
今回反省すべき点はいくつもあります

・目立つ腕時計をしていた
・大金を持ち歩いていた
・付けられていると気づいた時点でお店等に避難するべきだった
・白昼堂々でも安全とは限らない

ブラジルにおられる方は気を付けてくださいね!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク