急性アルコール中毒で死にかけた話

大阪のホストが多量の酒を一気飲みし、急性アルコール中毒で死亡し、両親がクラブ経営者らに対して計約8600万円の損害賠償を求めているとうニュースをみました
そういえば私も若かりし頃、急性アルコール中毒になり死にかけたことがあります
20090307image-2

大学時代はサッカー部に所属しておりました
1回生の時、秋リーグの打ち上げ飲み会であったと思います
大学生で体育会系ということで飲み会ともなればそれなりのノリがありました
我が部には選手一人一人につきオリジナルの飲みのコールがあったんですね
そうやって部員一人一人イッキしていくんですが、周りからcamisa8はいくら飲ませても大丈夫じゃね?みたいな声がきこえるとつい嬉しくて調子に乗ってまいました
当時は酒が強い=かっこいいと信じていました

もう途中から覚えていません
後日談によるとビール瓶5本くらい並べてそれに日本酒を入れてイッキしていたそうです

さんざん部員に迷惑をかけた私は本当であれば燃えるゴミとして店の外に捨てられる予定でした
しかし季節は11月で寒かったということもあり、このまま放置しておいてはマジ死ぬということで先輩らに近くの病院まで担いでもらったのです

翌朝目を覚ますと病院のベッドに寝ておりました
そしてチ〇コに見覚えのない管が刺さっている
もう何が何だかわかりません
とりあえず状況がわからなかったので先輩に電話して事の顛末を理解したのです

急性アルコール中毒になるととにかく体内からアルコールを抜かなければならないのだけど
どこから出すかというとおしっこが出る場所からなんですね
っていう説明を看護婦さんからきいてすぽんと管を抜いてもらいました
管は入れる時よりも抜く時の方が痛い
しばらくは血が混じったおしっこが出ました

結局私はこの病院で一泊して点滴を打ってもらい治療費として2万円くらいを支払いました
当時貧乏学生でしたのでこの出費は痛かった

ちなみについこの間OB戦で現役らと飲む機会があったのですが飲みのコールはありませんでした
話によると昔無茶した奴(私の後輩)がいたので、以来伝統のイッキ飲みコールは廃止されたそうです


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク