メキシコペソを運用開始!半年間の利益をブログで公開

新たな収益基盤としてメキシコペソの運用を開始しました。

私は外為の口座で豪ドルを約14万ドル保有していますが、現在170万円の含み損となっております。

オーストラリアは政策金利がみるみる下がり、豪ドルは全く魅力のない通貨になってしまいましたね。

今は1万通貨保有してもスワップが30円/日くらいしかもらえません。昔は90円くらいだったのにな↓

14万ドルの豪ドルは170万円の含み損を抱えているものの、毎月約¥13,000くらいのスワップポイントを生み出してくれています。

それにしても豪ドルをこのまま保有し続けたとして、170万円の含み損がスワップ30円/日でチャラになるまでは10年以上かかることになります。

年利で僅か3%ほどしかありません。これならワンルームマンションでも保有した方が投資効率がいいでしょう。

そこで新たなスキームを考えました!目を付けたのがメキシコペソです。

メキシコペソはトルコリラ、南アフリカランドに次ぐ金利の高さで今注目されている通貨です。

メキシコペソを10Lot買うのに必要な証拠金は¥3,000(2018/7現在)であり、豪ドルが生み出してくれる月¥13,000のスワップポイントをこのメキシコペソの積立に充ることにしました。

積立と言ってスワップポイント狙いの長期保有ではなく、ガンガン利ザヤも狙っていきます。

豪ドルみたいにいつ政策金利が変動し魅力のない通貨に成り下がる可能性もあるからね。

そこでいろいろと計算して設定したのが下記運用ルールを考案しました↓

1ポジション=20Lot

トラリピ手法で0.025pips刻みでIFD注文を仕掛けていく(決済毎の利益は¥500)

最大保有ポジションは毎週10Lot増える(現在の最大保有ポジションは210Lot)

含み損を抱えているポジションも累積スワップで評価損益を相殺できたら決済する

今年1月からこのルールで運用を開始して得られた決済利益の結果がコチラ↓

1月 ¥5,915
2月 ¥580
3月 ¥5,007
4月 ¥7,750
5月 ¥0
6月 ¥8,054  
合計 ¥27,306

現在のポジション状況は下記の通り↓

ちなみに別口座でトルコリラも保有していますが、トルコリラは高金利を維持しているものの、レートが低迷しており大きく含み損を抱えている状態となっております。

こちらもこのメキペソ運用の応用で何かテコ入れしたいと考えています。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください