日経テレコンすごすぎワロタ

仕事で他企業をリサーチする時に日経テレコンというサービスを利用します。

日経テレコンとは日本最大級の会員制ビジネスデータベースサービスで

上場企業の70%が導入しており、全都道府県の50紙の情報が読めてその記事の総数は1.2億本!

さらに日本のビジネスを占う30万人以上のビジネスキーパーソンの情報も収録しているのだそうです。

うちの会社では部署ごとに1つずつアカウントを持っています。料金は1アカウントあたり月額¥8,000だそうです。

この間仕事でお客さんに提供する資料作ってて、業界の企業のリスト纏めてたんだけど

東京商工会議所のデータだとその企業の社長の学歴や、そしてなんと住所までみれることに気付きました!


こんなのって法務省にでも行って登記簿謄本を閲覧したらわかるのかな?

そこでちょっと仕事の息抜きで、以前勤めていた会社とかを検索。社長データを閲覧してました。

アイツあの大学出て、今こんなところに住んでんのかー

知り合いの経営するレストランとかも調べてみたら、実は知り合いがオーナーではなく知り合いの奥さん名義でした!

おもしれ~

そして更に驚くべくはその情報量!

うちの父親が経営していた会社名を検索したら

なんと出た!ってか人名検索でも出た。

そして決算情報まで出てる!赤字だし笑

ちなみに株式会社設立の為に役員が最低3名必要だとかで私も名義上役員になっている。

父親が株式の80%保有、残りの家族で5%保有。叔父が監査役。そんな情報まで載ってる。

上場企業からこんな零細企業の情報まで網羅しているのに驚かされました。

日経テレコンまじすごい!仕事でかなり重宝してます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です