Jリーグの通訳になるためには?

大学でポルトガル語を専攻し、ブラジル留学も経験した私はかつてJリーグの通訳になりたいと思っていました。
ポルトガル語、ブラジル関係の環境にいた為周りにはJリーグの通訳をやっていた人がたくさんいたので結構身近な業界な気がしてました。


Jリーグの通訳になるにはずばり”コネ”と”タイミング”が必要だと思います。
私のようなちょろっと留学経験のある人でも運が良ければ就職できるでしょう。サッカー経験ない人でも通訳やってる人いますよ。
かつて私は関東の赤いチームや、港が綺麗な関西のチームや、中部の温泉がある県のチーム等から話がきたことがありますが、残念ながら他の組織に属していた為Jリーグ通訳にはなれませんでした。自分からなりたいと思って探すとないんだよね~

気になる条件についてもチームによって千差万別です。
卒業後10年以上、通訳兼マネージャーを一筋でやってる人を知ってますが現在年俸600くらいだそうです。
多分神様ジーコの通訳をやられていた鈴木氏は選手並みの年俸をもらっていたと思います。あの方のポルトガル語は上手です。
一方地方のJ2のチームでやっていた人の話をきくと、移動のガソリン代は自費で住まいは会社の寮、手取りは20万程度でカツカツと半泣きで言っていました。
通訳さんにもコミッションあります。これもチームによるのかな?
J1中堅クラスのクラブでは1試合ごとに5万円の勝利給が通訳にも支払われるらしいっす。
5連勝したら4Kのプラズマテレビ買えるぜ!と友人が言ってました。

仕事内容もただひたすら監督、選手間の通訳業務に専念している人もいれば、トレーニングの準備やホテルやバスの手配等のマネージャー業を兼務している人、更には通訳をやりながらチームの強化部に入っている人もいます。
あとは選手の家族の面倒とかもみたりしなくちゃいけないのかな。

求められるポルトガル語能力についてですが、そんなにハードルは高くないかと。
正直このポルトガル語レベルでよくプロサッカーチームの通訳を務めていられるな~と思う人もたまにいます。
ヒーローインタビューとかでも全然選手が言ってることと違うじゃねーかって思ったりね。
お金がないクラブだとこういう下手くそな人を雇ったりしてます。
でも強いチームはやっぱ通訳さんもレベル高いと思います。

これは私の持論ですが、はっきり言ってポルトガル語に関して言ったら何年もブラジルに滞在経験のある日本人よりも、所詮ネイティブにはかなわないんです。日本で生活している日系人のように、日本語の日常会話さえできるネイティブの人の方が正確な伝達ができると個人的に思っています。闘莉王みたいな人がチームに一人いればOKなのです。
しかし中には日本人にこだわっている監督さんもいますし、その辺はチームの方針次第なんですね。

華やかで憧れの職業ではあるけれどもネックはやはり安定していないことですかね。監督によっては欧州の外国人選手ばかりを起用したりだとか、ブラジル人選手がチームからいなくなれば通訳さんの契約更新しないことも珍しくありません。なので私の知り合いはチームから戦力外通告を言い渡された時の為に、働きながら資格をとったり大学院で勉強したりと努力してますよ。選手と同じですね。
もし安定を求めるならばスポンサーや母体の大きいチームを選ぶといいかもしれません。ようはお金のあるクラブ

もし今20代前半でまたそういう機会があればやりたいなーJリーグの通訳


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です