ブラジルのスラム街に住んでいた時の話

ブラジル留学してた時なんか一時的にファベーラと呼ばれるスラム街に滞在しとりました。
今思うと考えられないですが当時若かったので行き当たりばったりな人生だったのです。


ベロオリゾンチ郊外にあるとあるファベーラでした。
そこはリオやサンパウロのファベーラ同様 地図に載っていないような山の斜面に不法に軒を重ねたエリアでした。
入口にマシンガンを持った兵隊が待機してます。栄養失調みたいなヒョロヒョロと奴ですがコイツを突破しないと中へは入れません。
しかしなんと当時私は顔パスで街へ出入りできていたのです。
その訳は?
ファベーラのボスの妹と仲が良かったからなのです。
私は義兄に気に入られており多分下っ端達に”コイツはジャポネーゼだけど俺たちの仲間だから”と言っていてくれたのだと思います。
ファベーラで私は本当に普通に生活してました。
レンガをセメントでヌリヌリして家を作ったり、他所から送電線を引っ張って来る手伝いをしたり、教会から食べ物の配給をもらいに行ったり笑
中でも思い出深いのはaviãozinhoをやっていたことです。
aviãozinhoとはパシリみたいな意味ですが、ある日私は家の屋根の上に連れていかれ凧を持たされました。
そしてボスにこう言われたのです。

俺たちは今から大事は取引がある。その間お前はここで凧を上げて外を見張っていろ。そして警察がきたらその凧を下すんだ

なんと私は警察の見張り役を任されたのです。信頼されてたんだな笑
この凧上げの見張り作業はシティオブゴットというブラジルのファベーラの実情を描いた映画の中でも見られます。
当時は凧上げでしたが現在は花火や鉄砲に進化しているんじゃないかなー
この日を境にして私はこのaviãozinhoをその後何度かやらされました。
しかしある日あんまり良い天気だったので私は任務中に屋根の上で昼寝をしてしまったのです。そんな時に警察のガサ入れがありました!
ボスは多分薬かなんかの取引をしているところでしたが、ギリパクられそうになったそうです。
しかし当然私に対してガチギレしてきてパラブラオンとうパラブラオンを全て私にぶつけてきました。
最終的に空のビール瓶を目の前に叩きつけられ私は逃げるようにしてファベーラからフェイドアウトしその後一切立ち入りはしていません。
あのファベーラは今どうなってんのかなーっと思ってこの間酒飲みながらGoogleのストリートビュー眺めてました。
それにしても懐かしいいい経験だったなー笑


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 迫川 より:

    camisa8様

    はじめまして。
    私、テレビ朝日の「激レアさんを連れてきた。」という番組を担当している、
    トップシーンの迫川と申します。

    当番組では、普通なら出くわさないような“貴重な体験”=“レア体験”を
    した人たちからお話を伺い、その体験から得られる新情報を収集。
    視聴者の方に発信し情報をアップデートしようと企画されたバラエティーです。

    今回、camisa8様のブログを拝見し、
    ブラジルのスラム街に住んでいたときの体験談を取材させていただきたく
    ご連絡させていただきました。

    番組の詳細を説明させていただければと思うのですが
    お手すきの際に下記の連絡先までご連絡いただけますと幸いです。

    080-5006-3119 迫川

    突然のご連絡で申し訳ありません。
    よろしくお願い致します。