30代で異業種への転職活動⑤

二次面接、筆記試験を奇跡の逆転ホームランを打った私はついに最終面接へと進むこととなった!

ついにラスボス!相手は社長です☆

エージェントからは

一番重要なのは2次面接であり、そこを突破できればもうほぼ決まり。最終面接は顔合わせのようなもの。しかし気を抜かないでくださいよ

と言われていた。

この頃から私は周囲に転職するかもしれないんだよね~と漏らし始めていた。

しかしネットで検索すると最終面接で不採用となるケースがたくさん出て来る。

ってかそういえば自分も今の会社入る前に最終で落とされたことあったんだっけ?

転職するかもと周囲い言っていただけにここで不採用になったらダサすぎる。

ということで私は最終面接に向けても素直に面接対策を行いました。


新幹線で前回と同じ時間に着いて前回と同じスタバで時間つぶし。

前回と同様に受付をして部屋へ通されて待つことおよそ10分

現れたのは社長(ゾーマ)、人事部長(バラモス)、人事採用担当(やまたのおろち)の3対1でした。人事部長は2次面接で対戦済、人事採用担当は1次面接で対戦済。

今回は社長が私の履歴書を眺めていろいろ気になったことを訊いてくるバージョン。

内容自体は1次2次できかれてきたこととほぼ同じ感じ。

一通り経歴についてきかれて最後に私から質問タイム。

最終でも気を抜かずポイントアップできるような質問数をいくつか用意してきた。

会社自体ググれば情報がわんさか出て来るレベルだったので、私は社長の経歴について徹底的に研究してきたのでした。

社長は以前〇〇で会長を務められていたと思いますが・・・
社長は入社されてから△△部門で長年勤務されていたと存じておりますが・・・

結果よくそこまで知っているねと笑われました(好印象)

最終面接は時間にしてこれまでで最短の30分強

まあ多分いけたでしょ。

続く

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です