半年に一度の会社の棚卸

私が勤めている会社は機械メーカーですが、自分が所属している課だけでも半端ない量の計数を行います。 もう伝票だけで何千枚を要するような。 前職はサービス業であった為、今まで棚卸作業など全くやったことはありませんでした。 棚卸の期間は課内の従業員を総動員して丸一日を使って計数作業を行います。

社風の古い会社

今勤めている会社は戦前からある古い会社です 会社の倉庫の中を整理していたら昭和20年のハンコが押された書類とか平気で出てきます 元々田舎の企業ということもあり社風も古いです 平成30年前にしてまだ年功序列が色濃く残っており、時には上司が神様のような存在に見える時すらあります

ポルトガル語の検定試験Celpe-Brasを受けた時の話

ポルトガル語の資格として検定試験は日本に2つある 国際ポルトガル語検定試験とCELPE-BRAS 国際ポルトガル語検定試験っていうのはポルトガル外務省が開設した検定で、どっちかというとヨーロッパ式のポルトガル語検定試験 一方CELPE-BRASというのはブラジル教育省の外国人のためのポルトガル語検定試験でこちらは南米式のポルトガル語検定試験

冬のボーナスが支給される♪

冬の賞与の明細もらいました。 基本給のおよそ3倍くらい。夏の賞与とほぼ同額でしたが過去最高額です! でも会社は今不景気です。人件費削減の為に社内では積極的に人の異動がありますし、株価は低迷しております

富山を出たがらない人たち

若者に海外経験をさせてやろう! ということで最近社内で2週間程メキシコへ行きたい人を募っておりました しかれば是非私をテキーラの国へ!と挙手をしたかったのですが、残念ながら私は若者ではなかった為声がかかりませんでした

ブラジルでキングカズに会った時の話

キング・カズは私にとって永遠のアイドルであります サッカー選手として、一人の男としてリスペクトしております 一日でも長くサッカー選手であって欲しいと願っていますが、もしも引退試合をやるものならば有休をとってでも駆けつけるつもりです そんな憧れのキング・カズに私は一度だけブラジルでお会いできたことがあります

会社の確定拠出年金を見直してみた

会社で確定拠出年金に入らされてます。 入社した時に加入に関しての説明があって、各自で運用商品を選択しなければならなかったんだけど 私は報告を怠ったので勝手に元本確保型の定期預金になってます。 ただの預金なので毎月何の面白みもありません。 という訳で今回運用商品を見直すことにしました。

鶏煮干しラーメン 麺家 一鶴(いっかく)

平日の素晴らしい秋晴れの日に麺家 一鶴へ行ってきました! 食べログで富山ラーメンランキング2位にランクインしているお店です。 元々は埼玉県で営業していたお店だったそうなのですが店主が富山の方で2011年に移転したのだとか。 8号線を降りてすぐのところにあります。 看板がないので車で走っていると見逃しそうになります。

会社の平均残業時間について

今まで仕事の残業時間に関しては職場によって変わってきた 東京本社に勤務してい時は月に50くらいいってた 一応わが社はコンプライアンスを遵守しているらしく、原則的に月の残業時間はマックス30が定められていので 50のうち20くらいはサビ残してた 富山に転勤して今の職場は月平均にして20時間前後か?

スポンサーリンク