不動産投資 ~夢はアパート経営でアーリーリタイア~

最近不動産投資に興味があります。
私の父はサラリーマン大家でした。
証券会社のサラリーマンでしたが自ら宅建を取得し、定年になる少し前に会社を辞めて趣味で不動産業を営んでおりました。
私が大学生の頃住んでいたアパートは500万で区分購入し4年後に450万で売却しました。
それでも4年間賃貸するよりは何十万も得したとか言っているような結構やり手でした。
という訳で不動産投資というのは昔から身近に感じていたと思います。
22253main

ここ最近周りでマイホームを建てたなんて話をよく聞くようになりました。
現在仕事の都合で富山県に住んでいる訳ですが、私も富山で家を建て地に根を下ろそう等という気は毛頭ありません。

現在会社の借り上げ物件に住んでおり、家賃の約8割を会社に負担してもらっています。
同年代の人たちが月々に何万円ものローンを払っている中、自分は今この状況を利用できないものだろうか?と思ったところ不動産投資が考えるようになりました。

ここ最近不動産関係の本やブログを読み漁っていました。
アパートやマンションの一棟買いは一部の資産家等だけの話だと思っていましたが、積算価値の高い物件であれば一般のサラリーマンでも何千万~億単位のフルローン融資が可能とかいてありました。

他にも法定耐用年数、躯体構造、路線価、銀行の融資基準、節税対策等いろいろと勉強になりました。

株式にもスキャルやスウィングトレード等様々な手法がありますが
不動産投資にも区分所有や一棟所有、地方物件や都心物件、インカムゲインやキャピタルゲイン狙い等様々な手法があります。

自分にとってどのスタイルが適しているのか?

いろいろと書籍を読んだ結果、
現在進行形でキャッシュフロー重視で成功談を語っている人よりも、長期的視点で出口戦略を見据えた今井信宏さんや赤井誠さんのような手法に共感を覚えます。

最近で読んだ本↓

将来はアパート経営でサラリーマンをアーリーリタイア♪
なんて妄想をつい描いてしまいます。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク