私のコンディション調整方法

隠れフィジカルマニアです。

私はお酒が大好きなので何もせずにほっておいたら肥満予備軍となりますが、マラソン大会やサッカー部のOB戦の前等はしっかりとコンディションを整えます
physiotherapy-595529_640

私がコンディション調整の為に実践している方法は主に下記3つ

・有酸素運動をする(ジョギング)

痩せたければまず走れ!
私は食事制限のみで痩せることは不可能論の信者です。

5kmもジョグすれば400calは消費できます。

牛丼一杯分です。

性別、年齢、体重差にもよりますが、脂肪を1kg燃焼させるのに必要な消費カロリー数は7000calだそうです。

家の近所のジョギングコースを設定をするのにこのキョリ測というサイトが便利です↓
キョリ測定

いつ走るのがベストなのか?

朝起きてから朝食前にランをすると最も効果的です。

これはボクサーが減量時に行うトレーニング方法で、体内に糖分がない状態で有酸素運動を行うと、燃やすものがないので積極的に脂肪に火をつけてエネルギーに換えてくれるらしい。

ただし寝起きでのランは相当きついです。5kmのランでもフラフラになります。

・寝る前の3時間前の摂取は控える。夜は炭水化物は摂らない。

せっかく有酸素運動で消費したカロリーを無駄に摂取しない。

就寝前に摂取したカロリーはがっつり内臓脂肪になります。

”食って寝る”はカロリーを蓄積する最悪なパターンです。

・筋トレをする

筋肉量が増えれば基礎代謝があがり、一日の消費カロリーが上がります。

自宅にあるオムロンの体重計は体脂肪率の他に骨格筋率まで測定することができるので、体脂肪を減らして骨格筋率を増やすことを意識します。

体重は増えていっても大丈夫です。気にしません。

筋肉は意外と重く、筋肉量が増えれば体重も増えますから。

更に筋トレ後に栄養補給をすると効果的です。

タンパク質の必要摂取量は体重の0.1%(60kgの人は60g)

で筋トレをやっている人はこの2倍摂るといいらしいです。

ただしタンパク質というのは一度に30g程度しか吸収されないので何度かに分けて摂る必要があります。

ちなみに牛乳より豆乳
肉などの動物性たんぱく質よりも納豆などの植物性たんぱく質の方がダイエットには〇

これらの有酸素運動と筋力トレーニングをバランス良く行うことで効率よく体脂肪を減らすことができ、絶対に痩せる!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク