ポルトガル語検定試験Celpe-Brasを受けた時の話

日本にはポルトガル語検定は2つある
国際ポルトガル語検定試験 と CELPE-BRAS
国際ポルトガル語検定試験っていうのはポルトガル外務省が開設した検定で、どっちかというとヨーロッパ式のポルトガル語検定試験
一方CELPE-BRASというのはブラジル教育省の外国人のためのポルトガル語検定試験でこちらは南米式のポルトガル語検定試験

私はこのCELPE-BRASを2度受験しました
Logo-Celpebras-1

ポルトガル語はただでさえマイナーな言語なのでセルピブラスという資格なんぞ普通の人ならまず知らないでしょう
CELPE-BRAS(セルピブラス)のレベルは5段階に分かれています

・最上級(Avançado Superior)
・上級(Avançado)
・中上級(Intermediário Superior)
・中級(Intermediário)
・初級(Basico)

ただし英検のように”1級を受験するぞ!”っていうんじゃなくて、とりあえず試験を受けてその結果”あなたのレベルは上級ですよ”という感じで振り分けられるのです
レベルは5段階と書きましたがちゃんとした合格証明書がもらえるのは中級からで初級は不合格も同然です

日本では年に一度京都外国語大学のみで受験できます
ブラジルでは確か年に2回受けれたはず

申し込みの際になんかこんなアンケートみたいなのを書きます↓

・O que você gosta de fazer nos momentos de lazer?
・O que levou você a se interessar pela língua e pela cultura do Brasil
・Onde você estudou português?
・Durante quanto tempo?
・Como foi essa experiência?
・O que você conhece da cultura brasileira?
・Você gostaria de passar algum tempo no Brasil? Em caso afirmativo, quanto tempo e com quais objetivos?
・Que lugares você gostaria de conhecer no Brasil?
・Na sua opinião como seria viver no Brasil?

こんなもんは自分で適当に書いて後で知り合いのネイティブの人なんかに添削してもらえばよいでしょう

私はCELPE-BRASを日本で初挑戦しました
あの頃は毎日ばりばりでポルトガル語で業務をしていた為自信がありました
試験対策など全く行っておりません

その結果見事に玉砕しました\(^▽^)/

あとから知り得た情報によると、この試験はただ単にペラペラだからといって合格できるものではないらしい
なんせ日系ブラジル人とかスペイン語圏のネイティブの人達も落ちるくらいなのだから
スピーキング、ライティング、リスニング、グラマーの総合的な語学能力により合否が判断されている気がします

試験は筆記と面接があります
筆記は確か3,4時間くらいかかる非常にダルイものでした
しかもほとんど長文読解記述式 途中リスニングもあり ちんたらやってたら最後まで解ききれない量です
面接はネイティブの人から何か写真やらイラストやらを見せられてそれについて2,3質問されるというものだったと思います
時間にして20分 会話はもちろん録音されます

全部で半日かかる試験なんで運が良ければ同日に筆記、面接を済ませることができますが
運が悪ければそれぞれ別の日なんてこともありえます

なんとかこの試験に合格してやろう!と発起してブラジルでリベンジを決意
しかしこれはちゃんと対策しなければダメだと思い
ちょうど近所にポルトガル語のレッスンがありCELP-BRAS対策コースをやっていたのでおもいきって受講しました
1レッスン90分の授業を週2回、2か月間
1000レアルくらいだったか払った気がする
筆記に関してはとにかくいっぱい書け、スペースを埋めろ!とひたすら作文練習をさせられました
毎回宿題とかも出されて嫌々やってましたね
そこで教えてもらったんだけどこの試験鉛筆で書いたらダメらしい、ボールペンで書いて間違えても修正液も使っちゃダメ
答案用紙もなるべく美しくみせなければいけないのだそうだ
マジでか!?日本で受験した時はがっつりシャーペンで書いてたし。。。。。。
対策コース受けててよかったぜ
面接の対策に関しては筆記と同様。教えられたことはとにかく喋れ!間を空けるな!でした

試験当日
サンパウロの隣にあるSão Bernardo do Campo市のMetodista大学で受験しました
周りをみると東洋系の受験者はあんまいません
どんな問題が出たか?全く覚えていないけどこんなメモが出てきましたよ↓

1 DVD automedicacao?について 医師の説明なしで薬を服用する危険のPRのパンフレットをつくりなさい

2 CD UFMGのゴミの分別について リサイクルできるもの、できないもの どのような危険があるか 代表になって住民にPRの手紙をかきなさい

3 携帯電話のメールの過剰なやりとりについて 小学校の先生になったつもりで生徒にPR文をつくりなさい

4 ポルトアレグリの議員へe-mailをかきなさい 新しい条例について 深夜までレストランの営業をする

続いて面接
最初に面接官から申し込みの時に書いたアンケートについて少し質問されます
それから三枚のパンフレットを渡される

1枚目 都会の生活と田舎の生活について 
2枚目 亀をペットとして飼うことについて
3枚目 肥満について

当時のメモを見るとこんなテーマだったらしい
この面接でひとつやらかしてしまったことがありました
3枚目の肥満についてのトークの時です

肥満は健康にもよくありませんが、ビジネスキャリアにおいてもハンデになり得ると思います
なぜなら近年アメリカでは太っている人は重要なポストに就けない風潮があるからです
太っている、すなわち自分のフィジカルのコントロールができていないということでその人の管理能力が疑われてしまうのです

みたいなことを私は気持ちよく喋っていたのですが途中から面接官の人がマツコ・デラックスだったことに気づいたのです

面接官はなんだか微妙な顔していました。あっ、これ不合格かも。。。。。

しかし結果はめでたく上級(Avançado)に合格!
ちなみにこの資格を手に入れてまだいい事は何も起きていません
説明によるとこの資格を持っているとブラジルの大学院へ入るとき資格として認められ、ブラジルの企業に入る場合にも評価されるのだそうです
大学院行かないし、ブラジルで転職活動した時も効力を発揮しませんでした
あくまでも自分の語学能力の確認なのです

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です