仕事一覧

商社マン 接待のセッティングがクソだるい件

今年も忘年会の季節になってまいりました。 会食が多い職種なので、11月中旬時点ですでに10件以上の飲み会が予定されております。 プライベートも入れると12月は月の半分以上が飲み会です。 この時期一番だるいはお客さんとの会食をセッティングすることです。

日経テレコンすごすぎワロタ

仕事で他企業をリサーチする時に<strong>日経テレコン</strong>というサービスを利用します。 日経テレコンとは日本最大級の会員制ビジネスデータベースサービスで 上場企業の70%が導入しており、全都道府県の50紙の情報が読めてその記事の総数は1.2億本! さらに日本のビジネスを占う30万人以上のビジネスキーパーソンの情報も収録しているのだそうです。

年収1000万以上ある商社マンの月間スケジュールwwwww

年収1000万プレーヤーについて前回書きましたが、実際貰ってるやつはどんな生活してんだろうと思い 会社の昼休みに部長の予定表を眺めていました。 ちなみに調べたらうちの会社は部長格だと年収1800万あるらしいです。 激務と呼ばれている商社の部長のある月のスケジュールをご覧ください

2017年 商社マンの冬のボーナス

今年から転職したこともあり夏のボーナスは満額もらえませんでした。 メーカーから商社への転職でしたが、ありがたいことに基本給は結構あがりました!年収もアップ☆ ボーナスは基本的に基本給に対して何か月分かで計算されると思いますが、冬のボーナスでようやく満額もらえる!過去最高額のボーナスを期待していたのだが

商社マンの給料公開

転職してラッキーなことに給料はアップしました! 社会人になりたての頃のボーナスみたいな額です。 私は定期代が半年で12万程かかっているので定期代が支給される月は給料が60万近くになる時がありますが、課長とかってこんぐらいもらってんだろなーとか思ってます。

商社マンに転じてからの生活

昨年30代で異業種への転職に成功した私は現在商社マンをやっております。 面接した時は現在の年収を下回っても構わないという話をしたのですが、嬉しいことに年収は上がりました。 平均すると手取り40万弱です。まるで社会人になって初めてもらったボーナスの額みたいです。

DMM英会話一カ月続けた感想

ポルトガル語はしゃべれるけど英語はしゃべれません。 英語必須の仕事なのでなんとか英語をしゃべれるようにならなければなりません。 今巷で流行っているDMM英会話を始めてみました。

30代で異業種への転職活動④

二次面接を乗り切った私はオフィスを後にするとSPI3の試験を受けるべくすぐ様にお茶の水にあるテストセンターへ向かいました。 今日は朝一の新幹線で東京へ向かい面接、その後SPIを受けて夕方の新幹線で再び富山へ戻るというハードスケジュールなのだ。 しかしこのSPI試験無理ゲーすぎる! 一問一問に制限時間があるのが嫌だ!時間をかければ解る問題ばっかなんだけど。

30代で異業種への転職活動③

先日転職エージェントの話によると、なんと今回は面接の後にSPI試験があるとのことでした。 SPI試験等、在外公館派遣員制度に応募した時に勉強して以来だ。 少しでもいい点数を取るためにみっちり勉強してきて下さいと言われました。 言われなくてもそのつもりなので、ソッコウ紀伊国屋行って

スポンサーリンク