リオ以外でお勧め!ブラジルのレシフェのカーニバル

ブラジルでカーニバルが始まりました。

ブラジル滞在時にカポエイラやパゴージ等一通り体験しましたがサンバは見ているだけでいいなと感じました。

初めてカーニバルを生観戦したのは確かサンパウロのチエテーだったと思います。
一般観客席でたしか70レアル程でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブラジルには12月生まれの人が多いそうです。
それは何故かというと真夏に開催されるカーニバルで、裸に近い状態の男女が一晩中踊り狂えばそのうちに盛り上がり、10か月後には父親の名前も顔も知らない子供が多く生まれるのだそうです。
実際カーニバル会場では無料で避妊具が配られたりしています。

カーニバルと言えばやはりリオデジャネイロが有名ですが、実はブラジルの中で三大カーニバルと呼ばれるものがあります。
リオ、サルバドール、そしてペルナンブッコ州のレシフェです。
中でもレシフェのカーニバルはとても興味深いです。

以前レシフェのカーニバルをレポートしたテレビでレポーターが
”あなたは今日何人の男性とキスをしましたか?”
と女性にインタビューし
”う~ん、30人くらいかしら”
”一番最初にキスをした男性の顔は覚えていますか?”
”いや、まったく覚えていないわ”
なんてやりとりのインタビュー映像を見たことがあります。

ブラジルではイベントの場等で見知らぬ人と盛り上がることはよくありますが、カーニバルの時にはいつもより増して開放的になるんですね。

ブラジル北東部のレシフェは東洋人は全くいない地域なので、日本人がいればすごく珍しがられるでしょう。

ポルトガル語に自信のある人は思い出作りにレシフェのカーニバルに挑戦するのはどうでしょう?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク